9/10【日記】応用情報技術者試験

ニコ生のリスナーさんから、資格取得を強く勧めらていまして。

ITパスポートを取ろうと思っていたのですが、リスナーさんは、基本情報技術者試験を勧めてきました。

過去問をみるのですが、基本情報技術者試験は、仕事で使う知識となんか違うので、ソフトウェア開発者試験にしようと思ったのですが、応用技術情報技術者試験に名前が変わったのだそうです。

過去問を見てみたのですが、仕事で使う知識が、この応用情報技術者試験と被るので、こちらを受けることにしました。

おそらく、基本情報技術者試験がIT技術者試験で、応用情報技術者試験はICT技術者試験ということなのだと思います。分野が似てるといえば似ていますが、どちらが上というわけでもなく、違う守備範囲なのではなかと思います。

上流工程も、下流工程も、上流が必ずしも下流より高度というわけではないように。

今日、自衛隊の事務所にいってきたのですが、応用情報技術者試験の資格をとると、予備役ではなく、常備軍としての自衛官に、わたしの歳でも入隊できるそうです。採用人数は少ないので狭き門のようですが。

昨日の日記にも書いたように、自衛隊の事務所に行ってきたのですが、予備役について、足手まといになるようならというようなことを伝えると。

自衛隊のことを広く知っていただき、志願される方にそのようなことはありません。

と、言ってくれました。 昨日の日記にも書きましたが、もし日本が某国に侵攻されたときに、自分は あしでまといではなく、国を護るために、たたかえると言ってもらえたのがとてもうれしかったと同時に。自衛隊は崇高な理念に基づき、日々の任務をされているのだということを実感しました。

まぁ、選考基準もあるので、わたしが予備役で使ってもらえるかは わかりませんが、自分に嘘をつきたくないのです。自分の信念に嘘をついて生きることはしたくないのです。 自分の命よりも大切な、親兄弟、友人、郷土、伝統、文化、この日本社会。 そして、わたしの強く願う自由な世界。

これは、絶対に汚されたくないのです。

ところで、急な話ですが、来月引っ越しをすることになりました。 だれか、引っ越しの手伝いをしてくれる人いないかなぁ。 Twitterに書いているように、家賃滞納で追い出されるわけではないので、ご心配なく。

さて、荷造りしなくちゃ。