9/9【日記】全て同じ、形なんて、おあいにく様、趣味じゃない

日記のタイトルは、Do As Infinity の、Under The Sun という曲の歌詞の一節です。

アーマードコアの流れを組む、ムラクモというゲームの挿入曲だったのですが、とても良い曲です。

さて、明日、自衛隊へ予備自衛官補の志願書を出しに行きます。

選考を通るかどうかは、不明ですが、自分の進みたい道を進む。その道は、ひとによって違ったていい。わたしは、わたしの進みたい道を、明日、進もうと思います。

ウクライナが侵攻されたとき、わたしは、怒りを禁じえませんでした。借金をしてでも、ウクライナに渡り、義勇軍として参加しようかと、本気で怒りました。

しかし、拳銃すら撃ったことのない一般の日本人が、現場にいって、仮に何か銃を手に入れたとしても、引き金を引くことすらできないでしょう。まず、撃っても命中しない。銃って、そんなに簡単に扱えるものではないのは、エアーガンを撃つだけでも難しいのだから、サバゲーマーのわたしはよく知っています。

最近、いろいろ 日本の地政学的な実情は、複雑になってきています。

もし、某国が、日本を侵略してきたりしたら、この郷土の大地が汚されたとしたら。わたしは、そのときも、ウクライナのときのように、ただ悔やむことしかできないなんてのは嫌です。

愛する郷土を護るため、かけがえのない親兄弟や、大切な友人を護るため、そして、自分自身に嘘をつかないですむためにも、なんらかの抑止力として、わたしはなにかをしたいのです。それが、食料の運搬係でも、パソコンの整備係でもなんでもかまわない。

わたしには、命にかえても、護りたいものがある。命より大切な信念がある。

それを、明日、伝えにいこうと思います。