今日は、政治の話題です。

選択肢として、維新があります。民主党政権時代に、ひどい目にあったので、野党に1票は二度と入れないという人にも。

その維新についてなのですが、わたしは、そこまでポジティブなイメージはありません。

維新とは、「リア充によるリア充のためのリア充のための政治」をする集まりだと思っています。

夏場の水道代の免除の話https://www.sankei.com/article/20220427-HOUFJAPJWRKXDGDTZBYOH6K4UI/

これひとつについても、一軒家の持ち家の人はいいですが、わたくしのような、安物のコンクリートアパートに、賃貸で住んでいる貧乏人には、なんの恩恵もありません。政策の目玉は、物価高への対策ですが、一番困っている貧乏人の賃貸住まいには、なんら関係の無い話です。

わたくしは、自民党の党員なので、内部事情を少しだけ知っているのですが、維新の会の構成員の大半は、元自民党員です。 大阪の負の遺産といわれているもので がっつり儲けた後に、首をすげかえて、維新の構成員に鞍替えして、もうひとやまあてようという人だって、それなりにいるのが、大阪の維新の現状です。

イケイケドンドンでブイブイいわしたれ、貧乏人が多少くたばろうがしったこっちゃありゃせんわ というのが維新だというのが、わたくしがもつ維新へのイメージです。

税金の使い込みをした議員が、「精神障害者の秘書が勝手にやったことです」というような釈明をするのが、大阪の維新の実態です。

府知事の吉村さんのような、ええひとも少なからずはいますが、松井代表が降りようとしたときに、そないなことしたら、ブイブイいわせませんがなぁ と、松井さんを代表に続投させるような、そんな人らの集まりです。

客観的にみれば、ノンポリ集団なのでしょうが。

ノンポリ集団ということは、日本という国が、共産主義になろうと、ファシズムに走ろうと、自分たちの生活がよければなんでもいいということになります。民主主義でもええし、独裁絶対皇帝主義でもええし、なんでもええねん。というのが、極端に言えば、ノンポリとはそういうひとらの集まりです。

右によりすぎても、左によりすぎても、怖いですが。どちらでもない、なんでもいい、というのも怖いっちゃ怖いです。法律で、殺人が違法でなくなったら、平気で人を殺めることができる人も、いるってことでしょ????

最近、このスナック菓子にはまってます。 Amazonだと、一袋200円くらいしますが、リンクス梅田のダイソーに行くと、一袋100円で買えます。めっちゃジャガイモの味が効いてて美味しいです。

By Yosuke