CentOS が、2年後に終了することが、業界のニュースになっていましたが、「次のLinuxどうするん?」の答えがわかってきたような気がします。 これからしばらくは、サーバーレスの時代のようです。

といっても、サーバーはあるんですが、自分でどこかレンタルしたりしてホスティングするのではなくて、Googleとか、Amazonとかの、巨大なサーバーに、自分の容量のコントロールパネルを置く時代のようです。(これPHPの需要減る?)

というわけで、FireBaseなるものを習得するために、さっそくプロジェクトを建ててみました。ぱっとみただけではわからないので、参考書も購入。 給料の大半が本のお金に消えていくよ(血の涙)

この画面から、先に進めないのです。

ターミナルをいじれと書いてあるんですが、いやいやサーバーのターミナルいじれないじゃんと、いろいろ探して見るんですが、コントロールパネルからターミナルに入れない。

で、ネットで先人達の知恵をググりますと。 これ、自分のパソコンに、node.js インストールしろって意味で、自分のパソコンのターミナルを操作してくださいって意味っぽい。

 ほへ~~~~~~~~

バックグラウンドで動くの怖いので、仮想マシンのOSに、インストールして、FireBaseを操作するときは、仮想マシンからいろいろすることにしました。

で、OSどうすんねんと。 CentOSは、2年後にサポート切れるし、windows買うのもなぁ。

というわけで OracleさんのLinuxにしました。 Microsoftも、IBMへの嫌がらせでLinuxをリリースしたそうですが、ドンパチやってる陣営のリソースを使うのは怖いので、安全な陣営っぽいOracleさんのに決定。 と思ったら うまくインストールできないので、Ubuntuにしました(汗)(汗)

職場も、同一環境にする予定です。 わたし程度の新米エンジニアが使うなら Heroku が最適回答なのでしょうが、テスト環境うんたらと、商用利用だとお金かかるので、月々数百円とはいえ、会社のクレジットカード使わせてと言いにくいので、FireBaseにしようかなぁと。

Herokuは、Herokuで、所属してるフットサルチームのアプリのバックエンドで使う予定なので、素通りはしない目算です。

ところで、6月に入ってから1~2週間ほど、家の光回線が止まるので、日記の更新頻度が落ちます。スマホからテザリングできるので、ネット回線はありますが、ギガ制限もあるので。

先日の日曜日、サバゲーにいってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

By Yosuke