グロック用ストック加工記 -根本のロック問題解決-

グロック用のストックがアサシンに付くという情報を聴いて、いろいろ調べたのですが。加工必須のようだったので、挑戦してみました。

この加工については、マルイのグロック以外、ポン付けできると言われているWEやBELL製のグロックにも似たような加工をしたらどうなるかは不明です。(ポン付けできるけど根本のロックは外れやすい)

赤い丸で囲んだところの凸凸を、赤い矢印の凹 凹 にはめ込むという仕様のようだけれど、レプリカ銃とレプリカのストックなので、とうぜん採寸は違うため、ポン付けはできない。

赤く囲んだ部分のように左右両方に、凹凹の穴をあけてやる加工が必要になる。

自分で使うだけなので、バリとか、見た目は、なんてその、とにかく使えればよい。 どうやって、穴を掘っているかについては、あえて記載しないことにした。教えてもらって方法を知ったのだけれど、これは教えてもらいながらでないと、あまりに危ないので、この記事をみて真似てみようというのを防ぐために、あえて記載していない。

赤く丸で囲んだ部分は、干渉するので、のこぎりでばっさりと斬り削った。緑の矢印についてなのだが、この穴にピンが刺さってロックされるのだけれど、凹凹がないと、凸凸が干渉して隙間ができて、ロックピンが穴に密着していないので、ピンが穴に刺さりきらず、すぐ抜けるのである。

写真の凹凹は加工途中の写真で、実際には、もっと下まで掘ってしまう必要がある。写真でわかると思うんだけれど、凹凹が斜めになっているので、後で掘り直す羽目になった。

M4のストックと比較するとかなわないが、許容範囲内のガタで、根本のロックピンも全く外れない加工に成功した。 ガタについては、金属のように固まるパテを使って根本の形状を工夫すれば改善するかもしれない。

マルイグロックにも装着できるか、機会があれば試してみたいと思う。