さて、メガネの上に、ボレーのゴーグルをつけていたのですが、視野が狭いため、サバゲーで不利で、色々と思案していました。

韓国の職業軍人だという人が、RXインサートを作戦で使っているということだったので、実でも視力の低い人はインサートを使うのだということで、採用!ESSのクロスボウにインサートをつけることにしました。

フレーム 約1500円

レンズ 約4500円

インサート 約8000円

インサートのレンズ 約28000円

ガスケット 約3500円

純正ストラップ 約1400円

Amazonで、並行輸入品を探すと、少し安く買えました。レンズは怖いので、レプマートさんで購入。

インサートのレンズは、アマガン(https://amagan.biz/blog/archives/category/sport/%e3%8)さんで、オークリーのレンズを削ってもらい、インサートに付けてもらいました。

いままで、メガネの上にボレーのゴーグルをつけていましたが、比べた使用感はぜんぜん違いました。ほぼメガネをしているだけの状態の感覚の視野が確保できます。おそらく、メガネをしていない人が、ボレーのシューティンググラスをかけるのと大差ない視野が確保できます。

インサートは、1番視野の広い P-2B を選択。これは、日本人の骨格につけるとまつ毛が当たるのでオススメされない型番とされていますが、どのみちサバゲーの場合は、ガスケットをつけなければいけないので、ガスケットをつけると顔とインサートに隙間ができるので、アジアンフィットのノーズピースを使わなくても問題なく使用できました。

ちなみに、ガスケットをつけると、純正のハードケースにキツキツで収納できるかできないかくらいのサイズになってしまうので、別途大きめのハードケースを調達する必要があります。

総額で、かなりのお値段のする代物になりましたが。かなり視野が良く確保できるので、価格に見合うだけの性能があります。インサートは、カーブレンズになるので、安物の度入りレンズを付けるのは、個人的にはオススメしません。

予算はさらに膨らみますが。もっと綺麗に視界を確保したい場合は、NXT1枚で済ますという選択肢もあります。

By Yosuke

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です