カテゴリー別アーカイブ: 未分類

書評 大人のアスペルガー 自閉症スペクトラム障害 ビジネスシーン別 会話メソッド

仕事でのアスペルガーの あるあるを簡単に図解した本。面白いのは、部下のアスペルガー当事者だけをとりあげているのではなくて、アスペルガーの上司についても書かれている。

漫画で解説されていたりして、発達障害を抱えている人でも理解しやすい構成になっている。アスペルガーでコミュニケーションに悩みを抱えている人は必読の一冊。

防風通聖散

20161114_103602018_ios運動不足のうえに食べ過ぎということで、藁にもすがる思いで漢方薬を購入しました。

飲んでみた感想は、体の代謝がほんの少しだけ良くなった気がする程度です。ネットの口コミの評価をみると、まったく効かないというような書き込みもありますが、飲めばみるみる痩せる薬というわけではなく、なんというか無いよりマシな程度で、目に見えて効果があるというわけではなさそうです。便秘にも効くらしいですが、いまのところ便秘改善の効果は実感できていません。

小論文 「私の生きづらさ」

小論文 「私の生きづらさ」

私は、アスペルガー障害です。
私は、精神障害者に対して差別意識があり、
偏見をもっていたので、自分がその精神障害者で
あるということを受け入れられませんでした。
自分の精神疾患を受け入れてかれこれ、8年近くになります。

発達障害という障害を告げられた時には、
俗に言う、アダルトチルドレンのようなものなのかなと、
自分の障害に対して軽い認識でいました。

しかし、書籍やWEBなどで、発達障害がどういう病気なのか
ということを知ってから、自分の認識が甘いことに気づきました。

いろいろと、医学的に言われている話をいままでの自分に
あてはめてみて、人間関係がうまくいかなかった理由や
日常生活で、うつ病にでも罹ったかのようなしんどさを
感じていた理由も、わかるようになりました。

そして、医学的な知識が深まると、自分が友人を恨んだり、
自分の人生がうまくいかなかったことを環境のせいに
していたことが勘違いであることが、わかるようになりました。
障害特性が故に生じた勘違いだったのです。

何年も苦しみました、自分が抱えている感情が
障害特性が故に生じているものなのか、
それとも、正常な思考によるものなのか、
自分の内面に自信がもてなくなったのです。

とても苦しみました。

そして、この苦しみを理解してもらうことが、
不可能に近いほど難しいのではないかという
現実を思い知ることになりました。

外見上は、普通の人だし、話していても
違和感のない普通の人だと捉えられて、
私の障害に中々気づいてもらえません。

同じ障害を持つ人たちで集まる自助会に、
参加して、同じ障害をもつ田中君という人と
話をする機会があったのですが
私は、田中君が発達障害であることが
理解できません。外見からでは理解できないのです。
本当に、普通の人だし、話していても
違和感のない普通の人なのです。

同時に悲しくなりました、
田中君が私に何かを伝えていても、
おそらく、田中君が本当に伝えたいことは
私には伝わっていないのだなと。

極端に言えば、
田中君はリンゴが食べたいと
伝えているのに、
私にはバナナが食べたいと
伝わっているのだな
ということがわかるからです。

周囲とうまく意思疎通ができないので
社会のメインストリームに、
参加するチャンスが無い。手段が無い。

社会のメインストリームに参加できない
というのは、娘に理解してもらえない父親
のような状況の、ものすごく辛いヴァージョン
という表現をすれば、意味が伝わる可能性が
あるかもしれませんが、
それ以上の うまい表現がみつかりません。

私と田中君は、人生を楽しめません。
みんなは、社会のメインストリームで
楽しそうに、幸せそうにしているのに、
私と田中君は、その幸せに近づくチャンスすら
ないのです。手段がないのです。

これが、私の生きづらさです。

T・C・N Libero produce について

ATCで二重表示価格(景品表示法違反が疑われるらしい)が噂される鞄を買ってしまった。

噂のソース⇒http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10135305655

20160426_082951644_iOS20160426_082953435_iOS

消費者庁によると

http://www.caa.go.jp/representation/keihyo/nijukikaku.html

希望小売価格を比較対照価格とする二重価格表示について

と書かれている。
つまり、定価の不当表示はダメですよという話なのだけれど、
大阪市の建物であり消費者庁管轄(?)の消費者センターがテナントとして入っているATC内部で景品表示法違反が疑われる店が?!
20160426_082949186_iOS
 定価を12000円~30000円と公然と謳っている。これだけのクォリティの表示板を作ってるってことは、かなり気合がはいっております。
単純天然な私はまんまと騙されたのでしょうか?
TCN
ご丁寧にタグつきで、イタリア製を思わせるような表記があります。22000円で、かなり綺麗なタグです。
このタグがむちゃくちゃ
肌触りのいいタグで、
まんまと騙されてしまった?!
20160426_082935274_iOS
でもってひどいのが、
日本の信用を使って
中国人を釣っている?!
なぜか、この表示板のほうは
手書きのハンドメイドでした(笑)
とゆーか、さぁ、、、、。
もう、怖くてATCで
買い物できないじゃん。
20160426_092248053_iOS
 こちらが、定価22000円とされる鞄、、店ではライトアップというか光の加減で気づかなかったけど、ど~考えても定価22000円で流通してた製品とは思えなくなって、ネットでググったら例の噂が検索にヒット。恥ずかしくて首吊ろうかと思った。
 まぁ、タブレットがサイドポケットにはいるし、頑丈そうなので当分は使うことにはした、、、(支離滅裂)
まぁ、でもそれならまだ、ドン・キホーテで3900円の鞄を買ったほうが、
まだ納得がいったなぁ。ほんと恥ずかしくて首吊りたい気分でした。

 

第1回ペンギンの書斎Skype討論会の結論

土曜日の討論会「ニートや生活保護について」の
結論を書くことにしました。
Skype会議でパネリストとして参加していただいた
人たちのトークや、リスナーさんのコメントを
読んでいて、次のような結論に達しました。

http://com.nicovideo.jp/community/co356062

【結論】

・ニートや生活保護受給者は社会的に容認される
・ニート対策についてはニートの意見も取り入れるべき
・生活保護制度の改善策については受給者の意見もいれるべき

【理由】

まず、働くということから考える必要はあるが、
とんぺいやきさんの、言うように働いている人間には
特典がついている、組合の自動車保険や生命保険に
安く加入できたり、所得納税者は、ふるさと納税の
懸賞に応募できたりという特典がある。
これらは、働く大人の特権とも言えるものだろう。
そして、働けば働くほど所得が増えるのである。
所得も当然に働く人の特権と言える。

次に、三浦さんの言うように生活保護受給者から
してみれば、物品支給でもかまわないという意見も
あっていいという発言があった、三浦さんの生活の
状況を詳しく伺ったわけではないが、生活保護から
抜けだした後の自分で金銭管理をする訓練については、
デイケアサービスのような仕組みでカバーできるなど、
建設的な意見が、出ていた。

次に、NOBUTOKAさんの話にでていたように、
多様な価値観を認めるという意味でいえば、完全雇用や
失業率0%のような社会でない限りは、働かないのでは
なくて働けないニートや生活保護受給者が発生するのは
幾何学的に考えると、必ず発生するわけである。
俺はデスクワークは向かないだとか、現場仕事の体力が
無いというように、すぐに求人のある雇用に結びつかない
失業者がニートになっているというような状態を考えれば
働かないのではなくて働けないとも言える。

うるさんの言う貴族ニートと税金を納めないニートに
ついて深く話を掘り下げることができなかったが、
現行憲法においては労働は権利義務であり、自分の生活
を賄えるのであれば働くことは強制されない。
自活できずない場合は2つの法律がある、
ひとつは、生活保護法、もうひとつは、軽犯罪法第1条4項、
うるさんは、法律に従うという立場のようなので、
結論に対してニートや生活保護受給者に社会権や自由権
が無くなるという法は無い。貴族ニート以外のニートは
軽犯罪法によって裁かれるということになることになっている。

最後に、ニートや生活保護受給者を叩く風潮に
ついてだけれども、リスナーコメントを含めて
議論全体の流れとして、彼らを卑しめたり貶めるような
論調はヘイトスピーチと同じであるという
論調だったのではないかと思う。単に、ニートや受給者を
叩く人の相手をするのがめんどくさいとか、
うっとおしい、どうせ話し合いでは解決しない、
ということで、ニートや生活保護を叩く人に対しての
抑止力が弱いので、世論にニートや生活保護受給者を
叩く多数派意見があるように錯覚していただけの
ようである。

以上、結論に達した。

 

4月23日 討論会「ニートや生活保護について」 リーフレット

2016年4月23日 Skype討論会 リーフレット

議題「ニートや生活保護」

ニコニコ生放送だけに限らず世間では無職や生活保護受給者を
ニートやナマポと言って軽蔑する風潮があります。
社会問題としてニートや生活保護受給者が急増していることもあり、
該当者を叩くだけということから脱出して、社会が抱えるこの課題について
少し真剣に考えてみる機会として討論会を企画してみました。
討論会の様子はニコニコ生放送でSkype会議を生放送します。

放送コミュニティ⇒http://com.nicovideo.jp/community/co356062

放送時間⇒ 4月23日(土)午後7時から1~2時間程度
ルール

(1)他の人の発言を途中で遮って発言しないようにする
(2)できるだけ早口にならないようにして発言する
(3)コメントを拾う時は司会進行の了解を得てからコメントを拾う
(4)途中参加・途中退席は可能
(5)暴言や下ネタは禁止
議題の主な論点

Ⅰ.ニートのここが許せない・ニートのここは許せる
Ⅱ.生活保護受給者のここが許せない・生活保護受給者のここは許せる
Ⅲ.ニート対策として社会はどのようなことをするべきか
Ⅳ.生活保護制度についてどういったところを改善すべきか

※ 時間が余れば、気になるコメントや
議論を終えての感想、次回の議題の提案などをテーマにしてトーク。
[Skype参加予定者]  司会進行 赤ペンギン

NOBUTOKA さん (理系学部の大学生)
うるき さん    (九州地方の会社員)
とんぺいやき さん (http://com.nicovideo.jp/community/co393833)
はらしな さん (http://com.nicovideo.jp/community/co1369060)
三浦 さん     (はらしなさんのリスナー)
受給者 さん   (持病が理由で生活保護を受けている受給者)

※参加者は都合により変更になる場合があります。

時間に質量はあるか?

あ、やべw 無いかもしんない、、、。

↓はクリックで拡大できます。

時間に質量はあるか1訂

運動方程式とF=dm/dt(m:時間の質量、t:時間に流れる時間(メタ時間))を連立するかな 似たような変数が出てくるからごっちゃにしないようにね

という話になり。

理系の学生の方から下記の画像のような式をいただきました、クリックで拡大できます。

時間に質量はありまーす修正版

ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ: (訳:打村明)

ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ: (訳:打村明)

————————————————————————————————————————

会場にお越しの政府や代表のみなさま、ありがとうございます。

ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。

しかし、頭の中にある厳しい疑問を声に出させてください。午後からずっと話されていたことは持続可能な発展と世界の貧困をなくすことでした。私たちの本音は何なのでしょうか?現在の裕福な国々の発展と消費モデルを真似することでしょうか?

質問をさせてください:ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。

息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70億〜80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか?可能ですか?それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?

なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?

マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち、即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作って来たのです。マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。

私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?

このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で「みんなの世界を良くしていこう」というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?どこまでが仲間でどこからがライバルなのですか?

このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。その逆です。我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。

現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。

ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。

このハイパー消費を続けるためには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければなりません。ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです!そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。これはまぎれも無く政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。

石器時代に戻れとは言っていません。マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。

昔の賢明な方々、エピクロスセネカアイマラ民族までこんなことを言っています

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。

国の代表者としてリオ会議の決議や会合にそういう気持ちで参加しています。私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことを分かってほしいのです。

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。

私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。私の国には300万人ほどの国民しかいません。でも、世界でもっとも美味しい1300万頭の牛が私の国にはあります。ヤギも800万から1000万頭ほどいます。私の国は食べ物の輸出国です。こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。

私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも長時間働いています。なぜか?バイク、車、などのリポ払いやローンを支払わないといけないのです。毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。

そして自分にこんな質問を投げかけます:これが人類の運命なのか?私の言っていることはとてもシンプルなものですよ:発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。

幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。

ありがとうございました。

参照元 Read the original here: http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/#ixzz3oMbAP3HZ
Under Creative Commons License: Attribution Non-Commercial
Follow us: @hanabiweb on Twitter | hanabiweb on Facebook

うつ病や障害者の自立について新たに言いたいこと

うつ病のような状態になったことがある経験で語ると「うつ病になったときに病院に行けないのを知ってほしい」という言葉が出てくる。病院に普通に行ける程度のうつ病なのであれば、多くの場合において緊急的もしくは可及的速やかな治療は必要ではないと思う。『病院に通院する=ある程度の日常生活ができる状態』。問題は、私もそうだったが病院に自力で通院できないくらいの うつ病の時に できることがあるのかということなんだ。『病院に自力で通院することができない=日常生活ができない状態』になると本当に悲惨なんだ。救急車を呼んでも運んでくれるのだろうか??

うつ病などの精神疾患は嘘がつけるという理由で厳しい目を向けられているのは知っている。もちろん、そんな嘘をつかれたらたまったものではないのは理解できる。かといって、本当に精神疾患になってしまった人が必要な治療を受けられなくならないようにするということも必要だと言いたい。

次に、障害者の自立についてだけれども、私は子供をつくるのであれば、もし息子や娘がなんらかの疾病を抱えてしまっても私が生涯を保障できるくらいになるまで子供はつくらないようにする責任があると考えている。その責任がとれないのであれば、子供をつくる資格がないと考えている。私は、こういう考えだが、他の人は、とくに何も考えてなかったり、私とは真逆の考えの人もいるだろう。では、「子供が多少の障害をもって生まれてきても社会保障でなんとかなるだろう」と考えて子供を作った人はどうなるだろうか?近年、障害者の保護から自立という方向へ向かって久しいが、「子供が多少の障害をもって生まれてきても社会保障でなんとかなるだろう」と考えていた人の意見はとりいれたうえでの方針転換なのだったのだろうか?たしかに、人として生まれてきたからには自立した生活をおくることが幸せなのだろうと私も思う。しかし、自立という言葉が、自己責任論のように、責任転嫁の道具のように過度に使われないようにする必要もあるということを忘れるべきではないと考える。怠けられてもこまるが、理不尽な目にあわれても困る。そして、知的障碍者や情報弱者のなかには世の中が保護から自立の方向へ方針転換したということを知らないひとだっているだろう、そういう人にそれを知ることができる状況の構築も必要だと言いたい。

とても難しい課題だが、関係者の努力による現状のさらなる進歩を強く期待する。

 

 

 

ヤクザとニートは、どちらが社会的身分が上か?

ヤクザとニートは、どちらが社会的身分が上か?

さて、ふと思いついたニートや引きこもりをやっている人が社会復帰をするのはとても難しい世の中になってきているので「いっそのこと、まっとうな道を歩むより極道にでも走った方がニートや引きこもりは、社会的に現状のままでいるよりは幸福になれるのではないか?」と発想したのが発端なのだけれども、そこで迷ったのが、「ヤクザとニートってどっちのほうが社会的地位が高いのだろう?」とつまづいたのである。(※ここでは、狭義の意味のNEETではなく、広義の意味でのニート(単に無職な人を言う場合につかう言葉)としてニートを定義している。)

---------------------ーーーーーー
【ニートとヤクザが社会から嫌われているという点】

・ニートは働かない、怠け者ということで社会から蔑まされている。
・ヤクザは、反社会勢力という意味で、社会から問題視されている。
---------------------ーーーーーー

では、どちらのほうが、より社会から嫌われている(社会的地位が低い)だろうか?まず、ヤクザ屋さんにも、理由があって極道に走った人もいるという点を考えたが、ニートにも理由があってニートになっているという人もいるという点があるだろうから、ここはイーブンではないかと思う。次に、悪意をもって断固として働かないニートを考えると、悪意をもって本当のワルとしてヤクザ屋さんをやっている人のことを考えるとここは、イーブンであると考えた。

ここまで考えて「ヤクザ屋さん」という言葉を自分で使っている点を考えると、「ヤクザ屋さん」もしくは「やーさん」と敬称をつけられてきた歴史はヤクザにはあっても、「ニートさん」と敬称をつけられてこなかった歴史を考えれば、ヤクザの方が社会的地位は上なのではないか?

しかし、昨今では暴対法に加えて、暴力団排除条例などが各地方自治体で制定されてきた関係を考えると、ヤクザは家を借りれなかったり、ヤクザの友達になると「親密交際者」として警察からマークされるということを考えると、ニートの友達になっても警察からマークされないわけだから、ニートの方が社会的身分は上なのかもしれない?

まぁ、反社会的勢力というか、違法なことをしているという意味では、最近よく言われる「ブラック企業」と比べた場合に、ニートとブラック企業はどっちの方が社会的身分が上か?という考え方もできる。

ここまで、考えてみると、ニートはかなり社会から蔑視されているが、ヤクザ屋さんやブラック企業の方が、社会に許容されている現実に戸惑うわけである。