Yosuke のすべての投稿

バーベキュー風の野菜炒めをつくってみた

今日は、動画で調理の様子をブログにしてみました。オーストラリア産の牛肩肉と、じゃがいも、ピーマン、ニンジン、ガーリックソースのバーベキュー風の野菜炒めです。フライパンでは野菜に火が通りにくいので、電子レンジで野菜にあらかじめ火を通して牛肉と一緒に炒めると良い感じにしあがりました。

20160422_090630064_iOS

未成年者の法定代理人の取消権の消滅時効について

質問:未成年者の法定代理人の取消権の消滅時効について

テキストには、【取消権は追認をすることができる時から5年で短期消滅時効にかかり、行為の時から20年経過すると自動的に消滅します(126条)】と書かれています。

たしかに、民法第126条には、時効によって消滅する旨の明文がありますが、一方で民法第145条では、【時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判をすることができない】と書かれています。

民法第126条と第145条を読み比べた際の疑問なのですが、追認の消滅時効が当事者の援用なしで自動的に消滅してしまう根拠を詳しく教えてください、援用しなくても法的には自然債務となり債権と債務の関係は消滅してしまうのでしょうか、であればそれについても詳しく教えてください。テキストの26ページには【自動的に消滅】と書かれているので疑問に思いました、そしてテキストの85ページの時効についても読んでみましたが理解できませんでした、民法第126条には【時効により消滅】と明記されておりテキストの85ページの時効の援用の解説や84ページの除斥についても、民法第724条後段についての判例が根拠になっているだけで前段の3年間については時効扱いになっているように読めます。そして、第724条後段が除斥期間であるという判例はあるようですが、一方で第126条の判例は、20年は、消滅時効の完成に必要な期間であるとなっています。(判例については添付ファイル参照)hanrei

自動的に消滅してしまうのであれば除斥であり、時効の場合は自動的に消滅にはならず必ず当事者の援用が必要になるのではないでしょうか?

--------------------------

解答:https://www.foresight.jp

ご質問ありがとうございます。

126条の、取消権の5年、及び20年の消滅について、通説的見解は、5年は短期消滅時効、20年は除斥期間と解しています。

これに対しては、反対説などもありますが、行政書士試験としては、
通説的見解に立って、覚えておけば足りると考えます。

なお、本テキストの、

「取消権は追認をすることができる時から5年で短期消滅時効にかかり、行為の時から20年経過すると自動的に消滅します」

という文章は、

①取消権は追認をすることができる時から5年で短期消滅時効にかかり、→短期消滅時効であるということ
②行為の時から20年経過すると自動的に消滅します→除斥期間であるということ

を述べています。

もし、この記述が、分かりにくいということであれば、その点は、お詫びします。上記のように、本テキストも、通説的見解に立っておりますので、そのようにご理解を頂ければと思います。

以上、ご確認下さい。

焼きそば

20160418_023539019_iOS 20160418_025605396_iOS

お昼におなかが減ったので、サイゼリアのランチでも食べにいこうか、それともカップ麺でもつくろうか。ふとそんなことを考えていましたが、いけないいけない、ちゃんとつくって食べようということで、冷蔵庫にあった残り物で焼きそばをつくることにしました。左の写真が材料、右の写真ができあがりです。

20160418_024215910_iOS20160418_023955146_iOS

パックに入った面は硬くなってなかなかフライパンのうえでほぐれてくれない様子。なので水で軽く洗いました、これでほぐれやすくなるはず。具はウィンナーと、もやしだけなので、ウィンナーを火が通りやすそうなサイズに適当に切りました。

20160418_024415548_iOS20160418_024942783_iOS

クックパッドによると、麺だけを先に炒めるのがコツだということなので、先に麺だけを炒めます。つぎに、炒めた麺はいったんお皿にどけておいて、具を炒め始ました。湖沼も少々かけてっと、もやしがいがいと火が通りにくいので念入りに、、やっぱり水分が多いからなのかな??

20160418_025305201_iOS 20160418_025434030_iOS

具を炒めたら、先に炒めておいた麺とまぜて、もうちょっとだけ火を通しました。最後にやきそばソースをたっぷりかけて完成。

大根と手羽先の煮物

大根がどうしても食べたくなったので、大根の煮込みをつくってみました。クックパッドで手羽先と一緒に煮込むというレシピがあったので真似をしてみましたが、出汁の調味料が無くてあわてました。

というよりも、出汁というものをつくったことがないので、まったくわからず。水600mlほどに白だし150mlほどを混ぜて、あとは醤油と砂糖で味付けをと思ったら、砂糖が家に無い!! 砂糖のかわりにコーラを50mlほどいれてみましたが、まぁ初めてつくった煮物としては何とか食べられる味に落ち着きました。 次は肉じゃがを作ってみたいなぁ。

20160417_062746000_iOS20160417_085058566_iOS

時間に質量はあるか?

あ、やべw 無いかもしんない、、、。

↓はクリックで拡大できます。

時間に質量はあるか1訂

運動方程式とF=dm/dt(m:時間の質量、t:時間に流れる時間(メタ時間))を連立するかな 似たような変数が出てくるからごっちゃにしないようにね

という話になり。

理系の学生の方から下記の画像のような式をいただきました、クリックで拡大できます。

時間に質量はありまーす修正版

ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ: (訳:打村明)

ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ: (訳:打村明)

————————————————————————————————————————

会場にお越しの政府や代表のみなさま、ありがとうございます。

ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。

しかし、頭の中にある厳しい疑問を声に出させてください。午後からずっと話されていたことは持続可能な発展と世界の貧困をなくすことでした。私たちの本音は何なのでしょうか?現在の裕福な国々の発展と消費モデルを真似することでしょうか?

質問をさせてください:ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。

息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70億〜80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか?可能ですか?それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?

なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?

マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち、即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作って来たのです。マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。

私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?

このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で「みんなの世界を良くしていこう」というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?どこまでが仲間でどこからがライバルなのですか?

このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。その逆です。我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。

現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。

ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。

このハイパー消費を続けるためには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければなりません。ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです!そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。これはまぎれも無く政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。

石器時代に戻れとは言っていません。マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。

昔の賢明な方々、エピクロスセネカアイマラ民族までこんなことを言っています

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。

国の代表者としてリオ会議の決議や会合にそういう気持ちで参加しています。私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことを分かってほしいのです。

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。

私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。私の国には300万人ほどの国民しかいません。でも、世界でもっとも美味しい1300万頭の牛が私の国にはあります。ヤギも800万から1000万頭ほどいます。私の国は食べ物の輸出国です。こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。

私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも長時間働いています。なぜか?バイク、車、などのリポ払いやローンを支払わないといけないのです。毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。

そして自分にこんな質問を投げかけます:これが人類の運命なのか?私の言っていることはとてもシンプルなものですよ:発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。

幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。

ありがとうございました。

参照元 Read the original here: http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/#ixzz3oMbAP3HZ
Under Creative Commons License: Attribution Non-Commercial
Follow us: @hanabiweb on Twitter | hanabiweb on Facebook

うつ病や障害者の自立について新たに言いたいこと

うつ病のような状態になったことがある経験で語ると「うつ病になったときに病院に行けないのを知ってほしい」という言葉が出てくる。病院に普通に行ける程度のうつ病なのであれば、多くの場合において緊急的もしくは可及的速やかな治療は必要ではないと思う。『病院に通院する=ある程度の日常生活ができる状態』。問題は、私もそうだったが病院に自力で通院できないくらいの うつ病の時に できることがあるのかということなんだ。『病院に自力で通院することができない=日常生活ができない状態』になると本当に悲惨なんだ。救急車を呼んでも運んでくれるのだろうか??

うつ病などの精神疾患は嘘がつけるという理由で厳しい目を向けられているのは知っている。もちろん、そんな嘘をつかれたらたまったものではないのは理解できる。かといって、本当に精神疾患になってしまった人が必要な治療を受けられなくならないようにするということも必要だと言いたい。

次に、障害者の自立についてだけれども、私は子供をつくるのであれば、もし息子や娘がなんらかの疾病を抱えてしまっても私が生涯を保障できるくらいになるまで子供はつくらないようにする責任があると考えている。その責任がとれないのであれば、子供をつくる資格がないと考えている。私は、こういう考えだが、他の人は、とくに何も考えてなかったり、私とは真逆の考えの人もいるだろう。では、「子供が多少の障害をもって生まれてきても社会保障でなんとかなるだろう」と考えて子供を作った人はどうなるだろうか?近年、障害者の保護から自立という方向へ向かって久しいが、「子供が多少の障害をもって生まれてきても社会保障でなんとかなるだろう」と考えていた人の意見はとりいれたうえでの方針転換なのだったのだろうか?たしかに、人として生まれてきたからには自立した生活をおくることが幸せなのだろうと私も思う。しかし、自立という言葉が、自己責任論のように、責任転嫁の道具のように過度に使われないようにする必要もあるということを忘れるべきではないと考える。怠けられてもこまるが、理不尽な目にあわれても困る。そして、知的障碍者や情報弱者のなかには世の中が保護から自立の方向へ方針転換したということを知らないひとだっているだろう、そういう人にそれを知ることができる状況の構築も必要だと言いたい。

とても難しい課題だが、関係者の努力による現状のさらなる進歩を強く期待する。