透過率についても書きます。あきゅらぼ通販で、レンズプロテクターを買いました。

1x23x34用レンズプロテクターについては、手で押すだけで、簡単に装着♪ この形状でどうやってくっついてるのか、不思議ですが、きちっとはまっています。

UH-1用については、サイズがギリギリで、手で押すだけでは装着できないので、ハンカチを敷いて、上からハンマーで軽く叩くと装着できました。そんなに強く叩かなくても着きます。ブースターに合うプロテクターは記載がなかったのですが、30mm内径のものを同じように、ハンカチを敷いてハンマーで軽く叩くと装着できました。 気になるところが、プロテクターをつけたら、サイトが暗くて見にくくなりました。ポリカの透過率(光を通す率)は90%前後なので、暗くなってしまう。

スマホのカメラで撮影すると、明るさ補正がかかってしまい、1番左のポリカを通した写真が1番明るく写ってしまっていますが。裸眼で見た明るさが中央だとすると、ポリカを一枚通した明るさが右の写真のようになります。これは、実際に目で見るとなんとなくわかると思います。

ガラスの透過率を調べたら、ポリカとあまり変わらないようですね。

シューティングゴーグルもポリカーボネートで造られているので、約90%(シューティングゴーグル)*約90%(ドットサイトのガラス)*約90%(ドットサイトのプロテクター)と、計算できれば。約73%まで透過率が下がるかもしれません(73%は概算で実測値ではありません)。※シューティングゴーグルの中にメガネをしていると、もっと透過率は下がる計算になります。

下の写真のサングラスの透過率が75%なので、73%となると

このような、遮光サングラスをかけているのと同じくらいの明るさということになると思います。

暗い室内では辛いですね。室内では、発光トレーサーがあったほうが良さそうです。

By Yosuke

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です